おジャ魔女どれみ見ました

f:id:p1nkfull:20160902224136j:image

無印やっと見終わりました。

 

でもねもしかして本当にできちゃうかもしれないよ〜〜っていう歌詞が好きです。人生の教訓だと思う。(?)

どれみちゃんって道徳番組ですよね。魔法を使うこととか戦ってやっつけるとか、正義とか、悪とか、そういうことは特に大切なことじゃないというか。

どれみちゃんを見る年頃の女の子が考えるべきこと、楽しいと思うこと、したいこと、恥ずかしいこと、嫌だなと思うこと、プラスの感情だけにフォーカスがあるわけじゃないのに、むしろ切り口はいつでもネガティブから始まるのに、最後はみんなが笑顔になって、すごく心穏やかにエンディングを迎える。

折り合いをつけるとか、妥協するとか、そういうことは度外視できる年齢と魔法を持ってて、どれみちゃんが羨ましくもありました。でも友達のために魔法を手放したり、彼女たちが魔法を手にする動機も、最終的には魔法を使わなくたってきっと叶えられると悟ったりするあたり、どれみちゃんをはじめとする魔女見習い一同の人間力ホンマ高いなと思わずにはいられません。 

私がリアタイで見てたのは無印までなので、ぼんやり記憶はあるけど全然内容は覚えてないもんですね。なつかし〜〜みたいな話特になかったです。

実は去年の夏、コメットさんも見てたのですが、アニメのコメットさんって打ち切りに遭ったせいですごい尻切れトンボなんです。おもちゃ売れないとみるとああいうアニメってシビアですね…。でもこの手の少女アニメのなかではコメットさんが一番好きです。その話もまたおいおいできたらなと思います。

 

私の幼少期はセーラームーン世代とは微妙にズレていたのもあり、美少女が魔法を使う的なアニメはもっぱらおジャ魔女どれみでした。

とはいえセーラームーンも再々放送?とかはやってたのでチラチラ見てはいたんですが、あまり思い出になるほど熱中してたわけではないといったかんじ。幼少期のお絵描きノートとか自由帳はどれみちゃんで埋まっていました。あのときからピンクは大好きなんですが、どうにも小さい頃はどれみちゃんの元気いっぱいなかんじや底抜けの明るさが苦手で、描いていたのはもっぱらはづきちゃんだったんですけどね。

あの時期にいっぱい絵を描いてたおかげか、いまも絵を描くのは大好きです。女の子の全身を服とか考えながら描くのって大好きなのですが、当時から趣味変わってませんなあ。

 

 f:id:p1nkfull:20160904020903j:image

f:id:p1nkfull:20160904021010j:image

当時から趣味が変わってないといえば、どれみちゃんの最高の魅力の一つともいえるお姉様方の美しさといったら…。なんでこんなにドンピシャ私のすきな顔をしてくれるんやろうか…。最高にエロいです。