p1nkfulになるまでの話

簡単なものばっかりですが毎日自炊はしてます。
しかし米がなく、昨日の今日まで米に飢えた生活を送っていたわけです…。
こないだお友達がお泊りきたときにレンジ棚組み立ててくれまして、ようやく炊飯器を段ボールから出せたので今日はしゃいで米を炊きました。米はいいなぁ!!

f:id:p1nkfull:20151112041554j:image
最近お気に入りでよく履いてるブーツ。かわいいです。相変わらずRadyです。ヒールが高いので足はそれなりに時間経過と共に疲れるけど痛くはならないのが不思議なとこです。

Radyを目で追ってるのはRadyができたころからですが、しっかり好きになったのは2014AWのテーマカラー/ピンクレッドがすごいツボだったからなのです。

そういえば、実はそれまでの私はピンクにさほど大きな執着はありませんでした。中学までは財布もカバンもポーチも白のエナメルがすごく好きで、バトンのケースも白いエナメルのやつを使っていたのです。高校になってバトンをやめて、気持ちにぽっかり穴が空いた時期があっりました。それまでの生活はバトンに依存していて、バトンを中心に回っていて、それがなくなって多忙ながらに自分で息をしないといけなくなったわけです。なんか寂しいのでバイトを始めたんだけども、楽しいけどバトンほどの情熱はないし穴が埋まるほどのものじゃなくて惰性でやってました。ただ、逆にバトンをやめたことで足のことを考えずヒールを履けるようになったので、バイト代でハイヒールを買うことが増えてきました。ここでハイヒール熱が始まっているかと思います。
その年の誕生日に、知り合いのお姉さんから綺麗なパンプスを貰ったのですが、もう運命というか、一目惚れというか、自分が欲しかったものぴったりが全部凝縮したみたいなものが目の前にあると、息もできなくなるのかなと、紅潮しながらも妙に冷静に考えてたのを今でもしっかり覚えてるくらいです。
大好きとかっていうか依存だな
自分は結構依存体質なんだと思います。(メンヘラじゃないっすよ!)

で、まあその2014AWのRadyでのピンクレッドなんですが、あと一歩で赤になるのを踏みとどまっているような色でした。意地悪でわがままで取り返しのつかないことばかりでも、私はまだ依存したままだし、しっかり心を掴まれているので私から愛想をつかすことができないので、ピンクが私をからかうのに飽きて私をポイと捨てる日までは、精々しがみついてよう、と思ったわけです。

文字にしてみたら予想以上に胡散臭いな。嘘みたいだな。でもこの話、全部嘘かもしれませんよね。そういう浮世離れした感じも好きなのです。

f:id:p1nkfull:20151113190952p:image

というこっぱずかしい日記でした。